すずらん便り

2020.07.15 海の家すずらん

音楽療法

水曜日の午前中は、個別の音楽療法をしています。
「えらいこっちゃ えらいこっちゃ」から始まる関西弁の詩に作曲されています。
慌てている様子を表現することが難しそうです。

午後は、全体の音楽療法です。納涼祭のように円になってしました。
ばちをしっかりあげて、竹を叩きます。揃って叩けるようになってきました。
東京音頭は、職員が盆踊りのように周りながら踊りました。
利用者様からリクエストがあった宮沢賢治「星めぐりの歌」の練習が始まりました。

各施設ごとのすずらん便りはこちらから

  • すずらん通りのブログ一覧へ
  • 和家すずらんのブログ一覧へ
  • すずらん家のブログ一覧へ
  • 海の家すずらんのブログ一覧へ
  • まんなかのブログ一覧へ
ページトップへ戻る